CORE

起業を決意した勇気ある人に、
豊かな事業家人生を歩ませたい

もうすぐ60歳。定年後の身の振り方をどうするか ?

もちろん再雇用契約で会社に残ることも、会社もそれを期待していた。

でもあなたは違った

自分にしかできないことで商売を始めるために、周到に計画を立て、

強い意志で計画を実行し、次々に課題をクリアしていったのです。

工夫することが大好きなあなたはオリジナリティ豊かな商品やサービスを考案。

​そして、

満を持して起業を決断。

会社には残るつもりはないので、後任人事を進めるように進言。

家族にも独立起業を宣言し、会社員時代よりも稼ぐことを約束したのです。

​ところが…

起業準備をすすめる中で、ネットで同業を調べてみて唖然。

同じような商品を先達が豊富な実績を紹介していた。

しかもそれらの多くはあなたの商品よりも低価格で

こんなに安く…

 

こんな価格でしか売れないなら、

いくら働いても会社員時代の年収の半分にもならない。

もっとマーケットを調べるべきだったか。

そもそも起業なんて自分には無理だったのか。

でもいまさら、

会社に「やっぱり再雇用してくれ」なんて絶対に言えない。

ましてや別の会社でまたサラリーマンになるなんて。

家族にだってメンツがたたないし、心配させたくない。

​どうしたら ?

商品が良くても買ってはくれない。

あなたのビジネスにも​ブランディングが必要な理由。

 

なぜ、小さな会社なのにブランド化が必要なの?

ブランドなんて大企業が大きな資金と時間をかけて構築するもので、

中小企業には無理だし、ましてや個人事業主や起業家がやっても

意味ないんじゃない ?

いいえ。スモールビジネスほどブランディングが大切です。

​大企業のようにリソースがない小さな会社は

 

 

こんな思い込みをしていませんか。 ×競合より品質が明らかに高くなければ売れない ×同等の商品をより低い価格で提供すれば必ず売れる でも顧客は必ずしも品質が高い商品を選ぶわけではないし、 またいくら競合より価格を下げても売れないこともありますよね 小さな会社がブランディングに成功すると、 ◯あなたと競合との比較は“無意味”なものになり ◯お客様の頭の中で、あなたが№1の存在になれるのです

© 2019 by -ism. All Rights Reserved.