CORE

起業を決意した勇気ある人に、
豊かな事業家人生を歩ませたい

もうすぐ60歳。定年後の身の振り方をどうするか ?

もちろん再雇用契約で会社に残ることも、会社もそれを期待していた。

でもあなたは違った

自分にしかできないことで商売を始めるために、周到に計画を立て、

強い意志で計画を実行し、次々に課題をクリアしていったのです。

工夫することが大好きなあなたはオリジナリティ豊かな商品やサービスを考案。

​そして、

満を持して起業を決断。

会社には残るつもりはないので、後任人事を進めるように進言。

家族にも独立起業を宣言し、会社員時代よりも稼ぐことを約束したのです。

​ところが…

起業準備をすすめる中で、ネットで同業を調べてみて唖然。

同じような商品を先達が豊富な実績を紹介していた。

しかもそれらの多くはあなたの商品よりも低価格で

こんなに安く…

 

こんな価格でしか売れないなら、

いくら働いても会社員時代の年収の半分にもならない。

もっとマーケットを調べるべきだったか。

そもそも起業なんて自分には無理だったのか。

でもいまさら、

会社に「やっぱり再雇用してくれ」なんて絶対に言えない。

ましてや別の会社でまたサラリーマンになるなんて。

家族にだってメンツがたたないし、心配させたくない。

​どうしたら ?

​・

商品が良くても

買ってはくれない時代。

あなたのビジネスにも​ブランディングが必要な理由。

ビジネスの規模は小さくても、
キラッと光るカッコいい会社があります。

そんな会社に共通して見られる点がいくつかあります。
 

・使命感を持っている
・社長の生き方と働き方が一致してる
・誰のためにどう役立ちたいのかがブレない

こういう会社や社長に人々は自然と引き付けられます。
顧客はもちろん、仕入れ先も、従業員も。

こんな状態を「ブランド」と言います。

小さなビジネスこそブランド化

 

あなたは、こんなふうに思っていませんか ? 

「差別化するには、品質が勝負」
「同業他社より低価格にしないと…」

「ブランド戦略なんて大企業や高級品がやることでしょ」

でも小さなビジネスがブランド化すると…


●あなたと競合との比較自体が“無意味”になって

●お客さまの頭の中で、あなたが№1の存在になり

●いいお客さまだけを惹きつけるようになります

小さな会社こそブランド化で上手くいくのです。

© 2019 by -ism. All Rights Reserved.